戦国炎舞|天下布武や甲陽軍鑑の使うタイミングや使い所の攻略法

戦国炎舞で無料で30000SGをGET

戦国炎舞攻略データベースアプリ

戦国炎舞後衛スキル「天下布武」・「甲陽軍鑑」の使い所やベストタイミングの攻略法

天下布武甲陽軍鑑と言えば、戦国炎舞の後衛スキルの中では 全体上げスキル として非常に有名ですね^^

 

さらには、天下布武は後衛最強スキル とも言われていますので、後衛をメインにゲームプレイしている方は喉から手が出るほど欲しいスキルではないでしょうか?

 

しかし残念なことに、合戦をプレイしていく中で見られるのが、これらの良スキルをうまく使いこなせていない方が非常に多いという事です。

 

天下布武や甲陽軍鑑は、前衛ステ上げの必殺技的なスキルですので、ベストなタイミングそしてベストな使い所を見極め、スキルを生かしていかないと非常にもったいないです。

 

ここでは、こういったタイミングや使い所など効果的な使い方について解説を行っていきます。

 

 

 

天下布武・甲陽軍鑑の使い所

天下布武・甲陽軍鑑の使い所としては、大きく分けて2パターンあります。

  • 合戦中盤(残り20分〜10分)、孔明被り(自軍も敵軍も今孔明の詭計が発動されている時)の相手との打ち合い時
  •  

  • ラスト3分、最終奥義が発動され勝敗を分ける時

この2パターン以外で天下布武や甲陽軍鑑を使用するのは非常にもったいないです。意味が無いと断言はしませんが、戦況に与える効果が少ないので使うべきではないと考えます。

 

では、これら2つのパターンについて個別に見ていきましょう。

 

使い所@ -合戦中盤の孔明被り-

合戦の中盤(残り20分〜10分)では、いわゆる 突き離し といった相手連合との合戦ポイントを一気に開こうとする戦略が上位連合では使われます。

 

もちろん、500勇前後やAクラス、Bクラスの連合さんでも、こういった 突き離し の時間というのは設けて損はありません。

 

こういった突き離す時間帯というのは、自軍前衛のステ-タスを良い状態で維持する事が必要になってきます。

 

そこで使うのが、天下布武や甲陽軍鑑です。

 

特に履歴を確認しながら、強下げ を多く入れられているタイミングで使用するのがベストです。

 

もちろん、下げ(強下げ、怒号など)が入っていないのであれば使う必要はありません。

 

 

使い所A -ラスト3分-

このラスト3分という時間帯は最終局面ですから、勝敗を分けるタイミングといっても過言ではありません。

 

合戦ポイントが勝っていようが負けていようが、逆転するか逃げ切るかはこの時間帯の戦略にかかっているといっても良いでしょう。

 

このラスト3分というのは、当たり前のように 強下げ が入ってきますので、必然的にステータス上げを行う必要があります。

 

こういった、ラストの 強下げ が沢山使われる局面では、武士や女流といった単体強上げではステータスの維持は難しくなってきます。

 

そこで使うのが天下布武や甲陽軍鑑です。

 

ここもある程度履歴を確認しつつ、強下げ が複数入った状態で天下・軍艦を使うよう心がけましょう。

 

 

天下布武・甲陽軍鑑を使うベストタイミング

以上のように、天下布武や甲陽軍鑑の使い所が2パターンある事を説明させて頂きました。

 

しかし、難しいのが天下布武や甲陽軍鑑をできるだけ多くの前衛メンバーに当てる必要があるという事です。

 

闇雲にスキルを使用しても最悪1人にしか当てられないといった状況も考えられ、せっかくの最強スキルの効果を無駄にしてしまいます。

 

出来るだけ多くの前衛メンバーに当てられるタイミングは以下のケースがほとんどですので、ぜひ実践してみてください。

 

自軍前衛がマウント状態である

このタイミングはベストと言い切っても良いと思います。

 

しかし、マウントを取っていても自軍前衛が全員立っているとは限りませんから、おおよその目安として、3人以上立っている状態であれば積極的に天下布武や甲陽軍鑑を使っていきましょう

 

理由としては、画面表示にタイムラグがある為ひょっとしたら前衛全員に当る可能性があることと、いつまでもマウント状態を取っていられるとは限らないからです。

 

 

時間指定の一心発起時

時間を指定して「一心発起」を使う方法は上位連合で良く使われる戦略です。

 

時間指定の一心発起の狙いはマウントを取るためと全体上げを全員に当てやすくするためです。

 

例えば、残り時間2分30秒に一心発起を使うという事を掲示板などで打合せしておきます。

 

後衛は事前に約束していた時間の「2分30秒」になったと同時に、天下布武・甲陽軍鑑を使います。

 

これは、仮に画面上に前衛が1人しか立っていなくとも時間が来たら迷わず使います

 

前衛、後衛ともに、時間通りにスキルを使用できるか?がキーポイントになる比較的難易度の高い戦略と言えますが、全員に当てられる可能性を秘めているため、是非実行したいタイミングとなります。

 

 

以上が天下布武・甲陽軍鑑を使うタイミングや使い所です。

 

ポイントとしては、使う時間帯とタイミングを間違えない事です。

 

特にラスト3分は重要な時間帯ですので、天下布武や甲陽軍鑑が1発も打てないという状況だけは避けてください。そして、下げられている状況を確認してからスキルを使うという事も非常に重要な攻略法になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

鼓舞激励の使い所やタイミング
戦国炎舞KIZNAの後衛スキル「鼓舞激励」の使い所やタイミングについて。鼓舞激励は全体上げスキルに属しますが、全ステータスを上げる事ができない為、使い所は難しいですが使い方によっては合戦を有利に進める事ができます。
総応援効果で上位にランクインする方法
戦国炎舞の合戦で総応援効果を上げるにはスキルの設定と応援タイミングの最適化が必要です。ここでは応援効果で上位にランクインする攻略法を解説していきます。

オススメ情報


TOP お問合せ