甲陽軍鑑(こうようぐんかん)|戦国炎舞-後衛スキル攻略図鑑

戦国炎舞で無料で30000SGをGET

戦国炎舞攻略データベースアプリ

戦国炎舞-KIZNA-後衛スキル攻略「甲陽軍鑑」

当ページでは、戦国炎舞-KIZNA-の後衛スキル「甲陽軍鑑」についての攻略情報を掲載しております。
「甲陽軍鑑」の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度は以下の通りです。

天下布武|スキル詳細

甲陽軍艦スキル詳細
※戦国炎舞スキル図鑑より引用

 

 

 

甲陽軍鑑の効果と使い方

甲陽軍鑑は戦国炎舞の中で優秀な後衛スキルの内のひとつであります。天下布武と肩を並べて「貴重」とされる全体上げスキルですが、天下布武と大きく違ってくるのは、甲陽軍鑑は攻撃と防御のみしか上げる効果が無いという事です。

 

しかしながら、合戦中で計略が与えるダメージの効果は全体として微々たるものですから、攻撃と防御を上げる事ができれば十分戦況を有利にする事が可能です。

 

甲陽軍鑑のスキル持ちカードが手に入ったら、迷わずデッキインする事をオススメします。

 

甲陽軍鑑の攻略ポイント

基本的な攻略ポイントについては、天下布武と同一です。

 

甲陽軍鑑はスキル継承すべきか?

甲陽軍鑑を所持しているカードは「武田信玄のSSR」になります。数種類のカードが存在しますが、どのカードを取っても“高コストSSR”になりますので長い期間デッキに入る事になりますし、進化を重ねてLGまで育てることが出来れば、戦国炎舞を止めるまでデッキインすると思います。

 

ですから、これから先もほどほどに課金を行っていくという方(月3万円〜5万円以上)は、継承せずに進化させる事をオススメします。

 

逆に、気持ち程度の課金(月1万円以下)や無課金というケースは、甲陽軍鑑を継承させた方が正しい選択と言えるでしょう。

 

いずれにしても、甲陽軍鑑は複数あっても損にはなりませんし、むしろ複数持ちは上位連合でも歓迎される傾向にあります。戦力が低くても所持しているだけで上位連合に加わる事ができるのは、天下布武や甲陽軍鑑ですので、ご自身のプレイスタイルに合わせた継承の選択をする事をオススメします。

 

 

甲陽軍鑑のオススメ度

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

恫喝怒号(どかつどごう)
戦国炎舞KIZNAの後衛スキル「恫喝怒号」の解説や攻略情報。「恫喝怒号」の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度などを合わせて掲載している“戦国炎舞専用図鑑”です。
天下布武(てんかふぶ)
戦国炎舞KIZNAの後衛スキル「天下布武」の解説や攻略情報。「天下布武」の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度などを合わせて掲載している“戦国炎舞専用図鑑”です。
怒号(どごう)
戦国炎舞KIZNAの後衛スキル「怒号」の解説や攻略情報。「怒号」の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度などを合わせて掲載している“戦国炎舞専用図鑑”です。
美女誘惑(びじょゆうわく)
戦国炎舞KIZNAの後衛スキル「美女誘惑」の解説や攻略情報。「美女誘惑」の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度などを合わせて掲載している“戦国炎舞専用図鑑”です。
搦め手(からめて)
戦国炎舞KIZNAの後衛スキル「搦め手」の解説や攻略情報。「搦め手」の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度などを合わせて掲載している“戦国炎舞専用図鑑”です。
夢幻泡影(むげんほうえい)
戦国炎舞の後衛スキル【夢幻泡影】の解説・攻略情報。ここでは、夢幻泡影の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度などを解説します。
闇の独り舞&鶴之舞
戦国炎舞の後衛スキル【闇の独り舞・鶴之舞】の解説・攻略情報。ここでは、【闇の独り舞・鶴之舞】の効果・使い方・スキル詳細・オススメ度などを解説します。

オススメ情報

オススメアプリ


TOP お問合せ