戦国炎舞|寝る→コンボ切→四面楚歌は悪なのか?

戦国炎舞で無料で30000SGをGET

戦国炎舞攻略データベースアプリ

寝てコンボ切って四面楚歌入れるのも戦略?

 

戦国炎舞の合戦では寝て、コンボ切って、四面楚歌入れてといった戦略をしてくる連合が多数あります。

 

恐らく、戦国炎舞ユーザーの大半の方はこういった戦略を邪道だと思っているのではないでしょうか?

 

この記事を執筆している私も、正直、この「寝る→コン切→四面楚歌」のオンパレードは好きにはなれません。

 

しかし、この戦略は皆さんが思っている様に本当に「悪な戦略」なのでしょうか?

 

独自の観点ですが、サムザファンではこの事について少し考えてみました。

 

 

 

私達は寝ません!コン切しません!四面いれません!

 

戦国炎舞の連合プロフィールの画面を見ると、「私達の連合は寝切りしません!」や「四面楚歌の先入れはしません」など、書かれているのを良く見かけます。

 

正々堂々と「力と力のぶつかり合い」で勝負したいという気持ちの表れなのでしょう。個人的にはこういう連合方針は大好きです!

 

しかし、いくらガチで勝負したい!と思っても、明らかな格上連合が対戦相手となった場合、一体ガチでどういう風に戦えば勝てるのか?と私は頭を悩ませますし、それは皆さんも同じだと思います。

 

「ガチ勝負だったら負けても楽しい」と割り切れるならばそれでも良いですが、大合戦や選抜戦などの合戦イベントになれば、絶対に1回でも多く勝ちたいと思うはずですよね?

 

格上連合にガチで挑んで勝てる可能性なんてまずほとんどありませんし、いくら奇襲作戦で追従しようとしても限界がありますから、どう考えても勝ちに行くのであれば、これ以外の戦略が必要になってくるのは明確です。

 

 

 

コンボ切ってもいいじゃない!

 

理論的に考えても、格上連合にどうにかして勝とうと考えたら、何かしらのアドバンテージを得る必要があることは明確です。

 

ですからサムザファン的にはコンボ切ってもいいかな?って思います。むしろコンボ切りくらいしか勝てる道は残されてないのではないでしょうか?

 

コンボを切る事で相手連合の攻撃コンボをゼロにでき、かつ、自軍の攻撃コンボはそのままですので、こんなに大きなアドバンテージを得られる戦略はありません。

 

最近では、コンボ切りをさせない為に下付けという戦略も使われますから、実際にコンボを切るために寝ること自体もなかなか難しくなってきていますので、コン切り自体も立派な戦略のひとつかなと思います。

 

 

 

コンボ切られて負けて→掲示板で暴言!!

 

上記でも述べた通り、サムザファン的な考え方で言うと寝てコンボを切ること、通称「寝切り」も立派な戦略のひとつと考えます。

 

コンボを切られたくないならば、下付けすれば良いだけであり、結果、警戒からお見合い状態になってもそれは仕方のないことだと思います。

 

私は経験ありませんが、コンボ切られた挙句、負けた腹いせに掲示板で暴言を吐く方が居るみたいですが、スマホゲームするくらいのいい大人がそんなこと辞めようよ!って思います。

 

あくまでも戦略。

 

生きるか死ぬかに卑怯もクソもない訳で、勝つ為なら背後からも攻撃したなんて、戦国時代にもあった話です。

 

例えが大げさかもしれませんが、勝つ為なら少々泥臭い行動も、ひとつの戦略として必要なのではないでしょうか?

 

 

 

じゃあ四面楚歌はどうなの?

 

ここまでの同じ考え方で言うと、戦国炎舞で認められた奥義ですので、「使ってはいけない」なんて事はひとつもないと思います。

 

確かに、寝てコンボ切って、挙句の果てに四面楚歌入れてコンボ増やさせないなんて、まあ、なんとも後ろめたい戦略ではあるかなとは思いますが、やはり四面楚歌には四面楚歌を当てれば良いだけの話であり、入れられなかったら、それは四面楚歌持ちのメンバーを連合に勧誘していない盟主や軍師の責任でしょう。

 

今では四面持ちなんて腐るほど居ますから、こういうケースを考慮して勧誘もできるという戦国炎舞のひとつの面白さなのかもしれません。

 

 

 

最後に

 

運営も色々と考えているのか、合戦イベでは「コンボ切り」できないルールの採用や、四面楚歌対応として「堅忍不抜」といった奥義も出てきています。

 

今後、ひょっとしたら、相手を強制的に立たせる様な奥義やスキルなんかも出てくるのかなと思っています。

 

でも色々振返ってみれば、コンボ切り出来る「戦国炎舞の仕様」はある意味、格上に勝つ為の戦略(手段)としてかなり考えられた仕様なのかもしれません。

 

もし、寝ることさえ強制的に許されなくなってしまったら、明らかに強いメンバーが居る連合しか勝つことがなく、それこそ格下が格上に勝つという下剋上的な展開が一切なくなって、ほんの一握りの上位に居る連合しか戦国炎舞を楽しめないという状態になってしまうと思います。

 

ですから、もし「寝る」ことが強制的にできなくなる日がやってくるならば、それに代わる戦略を創出できる「仕様」を運営側には考えて頂きたいと心から思います。

 

日頃から寝てコンボを切るという行為に“後ろめたさ”を感じている軍師や盟主の方がいらっしゃるのであれば、サムザファン的には、それは立派な戦略だと思いますので、堂々とやって頂きたいなと思います。

 

ただ、戦国炎舞を楽しむという意味でも、いつの日かガチで勝負をして勝つという快感は味わって欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

戦国炎舞のガチャでSSRが0.3%ってホントなの?
戦国炎舞のガチャではSSRの確立が0.3%だって嘘でしょ!全然出ないし、引ける気もしない。引けたとしても15とか16のSSRでゴミばっかりなので愚痴ります!
戦国炎舞のガチャ確立が操作されていた事が発覚!
兼ねてから噂になっていた戦国炎舞のガチャ確立の操作疑惑。再三の問い合わせに対して運営が重い口を開いた結果、なんとガチャ確立が操作されていることが発覚したのです!!

オススメ情報


TOP お問合せ