戦国炎舞|スキルレベルが急上昇!?効率的に上げる方法を公開!|サムザファン

戦国炎舞で無料で30000SGをGET

戦国炎舞攻略データベースアプリ

 

 

戦国炎舞でスキルレベルを効率的に上げる手順を公開!

 

戦国炎舞でスキルレベルを効率的に上げる方法という事で、今回はムダに勾玉や欠片を使わずにもっとも少ない餌でスキルレベルを上げる方法を解説していきたいと思います。

 

この効率的にスキルレベルを上げる方法は、特別な攻略法ではなく、レベルの上がり方を理解すれば自ずと答えが見えてきます。しっかりお勉強して、Lv.1でも多く上げられるようにチャレンジしていきましょう!

 

 

 

カードによるスキルレベルアップには法則アリ!

 

戦国炎舞内でいわゆる「カードを餌にする」という用語が飛び交っていますが、これはカード自体のレベルをアップさせたり、スキルレベルを上げる時に、上げるカードに対して要らないカード(N,R,SR,SSR)を素材にする事を指します。

 

やっていれば大体わかってくるのが、SSR>SR>R>Nの順でレベルもスキルも上がりやすいというは体感できますし、実際に私もその通りだと感じます。

 

しかし、それ以外にも効率的にスキルレベルを上げる法則が存在します。

 

カードはレア度が上がるとスキルレベルが上がりにくい!


カードのレアリティが上がると、同じレアリティのカードを素材にしてもスキルレベルが上がり難くなります。

 

例えば、RカードにRカードを餌にする場合とSRカードにRカードを餌にする場合では、前者の方がスキルレベルは上がりやすくなっています。

 

 

スキルレベルを上げるなら進化前が狙い目


恐らく、スキルレベルを育てるようなカードになってくると、皆さんはSRカードやSSRカードがほとんどだと思います。SRは4枚でSSRにSSRは4枚でLGにレアリティがアップする事はご存じだと思いますが、注意すべきは上記で説明した通り、レア度が上がるとスキルレベルが上がり難くなるという事です。

 

なかなかSSRが手元に4枚未進化の状態で持っているという方は少ないと思いますが、SRカードなどは、例えば剣閃イベントや英傑イベントなどでは沢山手に入りますので、育てたいカードを複数枚所持している状態があると思います。

 

こういうケースでは、SRカードをとりあえずSSRカードに進化してしまう事はせず、まずはレアリティがSRの状態(2進化はOK)のままスキルレベルをLv.17まで上げて最後に進化させてSSRにする事が理想的な方法です。(SR未進化状態の場合)

 

注意すべきは進化させる度にスキルレベルもLv.1上がりますから、その分は無駄に上げず、計算しながら行いましょう。

 

 

 

カードを素材にしたスキルレベルの上げ方

 

スキルレベルを上げる作業のほとんどがカードを素材にしたやり方になる事は戦国炎舞をある程度楽しんでいる方であればお分かりだと思いますが、実はこのカードを餌にするスキルレベルアップ方法は攻略要素が強くなっています!

 

餌となるカード素材はいつ手に入るの?


戦国炎舞初心者の方のために、少し説明させて頂きますが、レベルを上げる為の専用カード素材というのは存在しません。

 

レジェンドガチャや各種クエストイベント(剣閃乱舞/英傑獲得祭)でN~SSRまでのカードが手に入ると思いますが、これら手に入るカードの中で使わないカード4枚以上重複したカード、いわゆる“要らないカード”のことを指します。

 

クエストイベントなど、個人報酬をコンプリート出来るくらいに頑張っている方は腐るほどRカードやSRカードが手に入ると思いますので、これらを餌にして上げたいカードを強化していきます。

 

 

強化するカードのレアリティに合わせて素材を変更


ここからがカードを素材にしたスキルレベルを上げるコツ(攻略要素)となります。

 

結論から先に言います。

 

強化するカードのレアリティと同じレアリティ以上のカードを素材にした方が効率よくスキルレベルが上がる

 

 

例えば、SRカードのスキルレベルを上げる場合は、SR以上のカードを素材にした方が良いという意味です。ですから、Rカードをいっぱい持っている状態でしたら、まずRカードをSRに進化させてから素材に使った方が遥かに効率良くレベルが上がります。

 

ちなみにRカードを進化させたSRカードと、もともとSRのカードはどちらを使ってもスキルレベルの上がり方に違いはありません。

 

また、カードのスキルレベルを上げる確率を高くしたい場合は、強化カードより高いレアリティのカードを素材にすると断然成功率は上がります。

 

例で言いますと、SRカードにSSRカードを素材にするという事です。なかなか生のSSRカードを素材にする事はないと思いますので、このケースで言うとSRカードを進化させたSSRを餌に使う事になります。

 

 

レベルはいくつまでカードで上げるべきか?


なかなか難しい話になりますが、カードを素材にしたレベル上げでは、頑張ればレベル20まで上げる事が可能です。

 

しかし、レベル20までカードで上げると正直効率は悪いです。
(勾玉が無い場合や餌となるカードが多く残っている場合は別です。)

 

私の経験では、レベル10までカードで上げる方法が一番効率が良いと感じています。ここはレベル10と言い切れませんので、例えば11や12まで頑張っても良いと思いますが、少なくともレベル10まではカードで上げた方が良い事はわかっています。

 

 

 

欠片や勾玉を使ったスキルレベルの上げ方

 

スキルレベルを上げるのに欠片や勾玉を使うケースについてですが、まず、レベル10までは欠片・勾玉を使うべきではありません

 

これは、レベル10まではカードを素材として上げた方が効率が良いからです。

 

 

欠片の使い方


単純に、レベル10から欠片を使い始める場合、レベル16まであがった時点で欠片の使用は辞めます。

 

欠片の投入の仕方ですが、昔の噂で「3個ずつ投入した方が良い」と言われていましたが、これにはなんの根拠もありませんし、実際にそのやり方が効率的という結果も得られませんでした。

 

ですので、結論を言うとMAX29個を使うやり方がベストです。

 

欠片でスキルが上がることは確立で制御されているようですので、29個投入した方が時間も労力も消費しません。裏を返せば、3個ずつ投入しても結果は変わりませんので、お好きなやり方でレベル上げを行うと良いでしょう。

 

 

勾玉の使い方


勾玉に使い方もなにも無いと思いますが、これまでの「カードによる強化」・「欠片による強化」の流れで言えば、レベル16からは勾玉を使って確実に上げた方が効率的です。

 

 

 

まとめ


強化したいカードのスキルレベルを上げたい場合は、以下の手順で行いましょう。

 

  1. 同レアリティ以上のカードを素材にしてスキルレベル10まで上げる
  2. 欠片を使って、レベル10→レベル16まで上げる
  3. レベル16以上からは勾玉を使って確実に上げる

 

前述しましたが、カードを素材にしてもレベル20まで上げる事は可能です。

 

クエストイベントでカードが溜まり過ぎている場合は、頑張ってカードによるレベル上げを行っても良いと個人的には思っています。但し、貫の消費には気を付けてくださいね。

 

また、最後にワンポイントとなりますが、強化カードより上のレアリティカードを使うとスキルUPの確立が格段に上がります。例えば、SRカードにSSRカードを投入するケースです。

 

この場合は、スキルレベルが15以上の状態でもレベルが上がる可能性が高くなっていますので、SRカードが溜まっていて、且つSSRへ進化させられる要らないカードが沢山ある場合は、使ってみる事をオススメします。

 

但し、決してスキルレベルが低い内(レベル10以下)にSSRを投入するのはもったいないですので、やめましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ情報


TOP お問合せ